1. ホーム
  2. コンセプト
  3. ZEH(ゼロエネルギー住宅)について

減らして、創って、エネルギー収支ゼロに


ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを略したもの。

住宅の断熱性能・省エネ性能を上げ、さらに、太陽光発電等でエネルギーを創ることで、年間に消費するエネルギー量の収支がおおむねゼロ以下となる住宅のことをいいます。


環境にやさしい暮らしには、住宅の省エネルギー化が欠かせません。
政府は、2020年までに注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目標としています。


幸保工務店のZEHへの取り組み


今後のZEH普及率目標

平成32年度までにZEH普及率50%を目指します(受注住宅のうちZEHが占める割合)。

 
H28年度 H29年度 H30年度 H31年度 H32年度
ZEH目標普及率 10% 20% 30% 40% 50%

ZEH実績 

平成32年度までにZEH普及率50%を目指します(受注住宅のうちZEHが占める割合)。

 
H28年度 H29年度 H30年度 H31年度 H32年度
ZEH実績/新築棟数 0/20 0/16 - - -

※平成28年度総住宅受注数20棟、うちZEH受注数は0棟でした。


1.ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社のHPやパンフレット等で告知する。
完成見学会や案内状にてZEHについて説明し、お客様に対して周知・普及を行う


2.ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEHの基本仕様を作成して、設計・発注業務・施工の効率化を図る。
効率の良い開口部配置や使用建材を見直し費用対効果を検討する。


3.その他の取り組みなど

各種行われている研修会や説明会に積極的に参加し、ZEHへの理解を深める。
エコアクション21活動により、総合的な環境への取組を進める。


エコアクション21の取り組み

ZEH推進以外の環境に関する取り組みとして、環境省が策定した「エコアクション21」に認定されています。
これからも継続して、環境負荷低減実現のため環境経営システムを構築し、次の事項に積極的に取り組みます。

  • 二酸化炭素排出量の削減
  • 産業廃棄物及び一般廃棄物の削減
  • 水使用量の削減
  • 事務用品のグリーン購入の推進
  • エコ設備の推進、エコに関する情報の収集・発信

EA21とは

エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。


エコアクション21中央事務局HP

幸保工務店のエコアクション21レポートはこちら(PDF)